ゆきこの気まま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/19 丹沢山主脈(焼山〜姫次〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔の岳)

<<   作成日時 : 2017/03/20 21:03  

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

橋本駅(7:00)→(タクシー)→焼山登山口(7:50)
→焼山(9:20〜9:30)
→黍殻山(10:15)→姫次(11:15)
→蛭ヶ岳(12:40〜13:20)
→丹沢山(14:45〜14:55)
→塔の岳(15:50〜16:05)→花立小屋(16:30)→堀山の家(16:50)
→大倉(17:55)


今年の電車で登山、第二弾(笑)

去年は丹沢の主稜を大倉から西丹沢に歩きましたが、今回は主脈。

交通の利便性の関係により
相模原の方から登り、大倉に降りてきました。
長かった&雪と泥んこが辛かった…。


焼山までは林道から入り、所々階段もある整備された道。歩きやすかったのですが、ずーっと登っていて、予想以上に頂上までが遠かったです。

画像



山頂には展望台があり、ちょっとガスってはいるものの、周囲を一望出来ました。
宮ヶ瀬湖、丹沢山(?)、蛭ヶ岳(?)、檜洞丸(?)

画像



下り出すと残雪が少しずつ現れます。

画像


黍殻(きびがら)山への分岐は分かりにくく
登る道(下りも)も厳しく、
山頂でも展望はなく
ちょっと残念な感じでした。
写真で遠くの雪がかった山が見えているのは途中で撮ったもの。

画像



一度下って、水場との分岐を過ぎ、避難小屋を過ぎると登りが続きます。

登りきると姫次。
西丹沢へ行くルートとの分岐点で、
正面に檜洞丸(写真右上)、左奥に目指す蛭ヶ岳(写真下)が見えます。

画像



この先は結構、残雪が多い地帯でした。
階段に積もった雪って、歩きにくい。ストックを置くとどこまでもズボッといってしまったり、階段板の隙間にはまって抜けなかったり。
回りの景色を励みに、休み休みでないと登れませんでした。
いやー、この登りが一番キツかった。

画像



やっと山頂に着くと、この先に目指す塔の岳がよく見えます。
残念ながら、富士山は見えませんでしたが、ちょっとだけ、木の枝に着いた氷の塊を見ることが出来ました。

画像



ここから先は雪だけではなく
雪が溶けた泥んこ道まで現れ出します。

以前経験したことのある「ぬかるみ」は、けっこう両端は普通に歩ける固い地面になっているものなんですが、
そういう場所もなく、ただただ、滑りながら歩くしかない感じが、とっても体力を奪います。

丹沢山はトイレを借り、ちょっと写真を撮っただけで通過

画像



塔の岳につく頃には靴とズボンの裾がドロドロ。夕方だったこともあり、珍しく人の少ない塔の岳。
相変わらず富士山は姿を見せてくれませんでした。
やはし、見るなら冬の午前ですな。

画像



塔の岳から下ろうとすると
尊仏山荘の主?が、気ままに現れてくれました♡

画像




この先はちょっと泥んこ地帯もあったけど、ほとんど階段、もしくは乾いた道だったので、
また、夕暮れに追いかけられるように、
小走りを交えながら下りていきました。


大倉に着くと、ちょうどバスがいて、ここから渋沢駅まで連れていってくれました。
駅前の居酒屋でハッピーアウアのビール半額に惹かれ、呑んでしまった後、電車で爆睡しながら帰ってきました。
(一人だったら乗り過ごしてたかも…。苦笑)

休憩入れて11時間、久々にがっつり行動した一日でした。
次の日、しっかり太ももとふくらはぎに痛みが出ました。歩き方が普通じゃない感じ。
いやー、ハードだったな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/19 丹沢山主脈(焼山〜姫次〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔の岳) ゆきこの気まま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる